CSRトップページ > コーポレートガバナンス

前のページへ戻る

UMCの経営管理(ガバナンス・コンプライアンス)

UMCグループは、自身を取り巻くさまざまな環境の変化、ステークホルダーからの 要請などに対し、適切に経営の舵を取ることが出来る様、経営の効率性、透明性を 高めながら、ステークホルダー・エンゲージメントを果たしていきます。

環境保全活動

CSR行動規範 ー誠実な企業活動ー

  1. 公正、透明、自由な競争を行うとともに、政治、行政、市民及び団体とは、健全かつ正常な関係を 維持します。
  2. 品質・安全・情報セキュリティ・信頼性を確保し、世の中に有用な製品・サービスを提供します。
  3. 品位と良識を兼ね備えた、自立した社会人として責任をもって行動します。

CSR行動規範 ー法令・規制順守ー

  1. 企業活動を行う全ての国の法律、社会規範、社内規則を順守します。
  2. 会社の利益に反する行為は行いません。また、会社での地位を利用して、インサイダー取引を はじめ、粉飾、横領、背任、贈収賄等、不正に個人的な利益を得るような行為は行いません。
  3. 会社の資産・知的財産・営業情報などの企業機密や個人情報の保護・管理に努め、適切に取扱います。
  4. 反社会的勢力に対しては、断固たる態度で臨み、一切の取引や関係を遮断します。

ガバナンス
(企業統治)

コーポ―レートガバナンス、
内部統制・リスクマネジメント

コンプライアンス
(公正な事業慣行)

コンプライアンス活動、
内部通報制度

ステークホルダーとの対話
(エンゲージメント)

投資家、お客様、仕入先様近隣、
従業員との対話