トップイメージ

PICKUP

PICK UP
  • POINT 1
  • 売上高はコロナ影響による、営業活動や出荷業務の制約により減収(前年同期比+1.7%)
  • POINT 2
  • 経費のコントロールにより、売上総利益は前年同期比+2.3
  • POINT 3
  •  営業損益は、3億91百万円の損失となり、前年同期比 38百万円の改善
  • 経常損益は、630百万円の損失となり、前年同期比 1億27百万円の改善
  • 親会社株主に帰属する四半期純損益は、7億7百万円の損失となり、前年同期に計上した退職給付費用の影響がなくなったため前年同期比 6億72百万円の改善
  • POINT 4
  •  「改善計画・状況報告書」を公表

                      ≪「決算短信」はこちら
                  ≪「改善計画・状況報告書」はこちら

 
2021年3月期(2020年度)第1四半期   

連結業績ハイライト



 

製品分野別セグメントの状況







 

改善計画・状況報告書の公表

・2020年9月11日 「改善計画・状況報告書」を公表
・2020年12月 「内部管理田姿勢確認書」を提出予定

 

PICK UP
  • POINT 1
  • 売上高はコロナ影響による、営業活動や出荷業務の制約により減収(前年同期比+1.7%)
  • POINT 2
  • 経費のコントロールにより、売上総利益は前年同期比+2.3
  • POINT 3
  • 営業損益は、3億91百万円の損失となり、前年同期比 38百万円の改善
  • 経常損益は、630百万円の損失となり、前年同期比 1億27百万円の改善
  • 親会社株主に帰属する四半期純損益は、7億7百万円の損失となり、前年同期に計上した退職給付費用の影響がなくなったため前年同期比 6億72百万円の改善
  • POINT 4
  • 「改善計画・状況報告書」を公表