トップイメージ

PICKUP

PICK UP
  • POINT 1
  • 売上高は車載機器の拡大により増収(前期比+1.7%)
  • POINT 2
  • 棚卸資産の評価基準変更等による評価損計上、新規受注製品の立上げコストの増加、新興国通貨安、製品保証引当金計上等により売上原価と販売費及び一般管理費が増加したことから営業損失が拡大
  • POINT 3
  • 収益性の低下した事業用資産にかかる減損損失、遊休固定資産の除却損、過年度の不適切な会計処理にかかる過年度決算訂正関連費用等を特別損失に計上
  • POINT 4
  • 5カ年の再生計画の概要を発表

                      ≪「決算短信」はこちら
                  ≪「UMC再生計画の概要」はこちら
 ≪「特別損失の計上及び前期実績値との差異に関するお知らせ」はこちら

 
2020年3月期(2019年度)   

連結業績ハイライト



 

製品分野別セグメントの状況







 

再生計画<5 カ年計画>















 

PICK UP
  • POINT 1
  • 売上高は車載機器の拡大により増収(前期比+1.7%)
  • POINT 2
  • 棚卸資産の評価基準変更等による評価損計上、新規受注製品の立上げコストの増加、新興国通貨安、製品保証引当金計上等により売上原価と販売費及び一般管理費が増加したことから営業損失が拡大
  • POINT 3
  • 収益性の低下した事業用資産にかかる減損損失、遊休固定資産の除却損、過年度の不適切な会計処理にかかる過年度決算訂正関連費用等を特別損失に計上
  • POINT 4
  • 5カ年の再生計画の概要を発表